米国、韓国、ロシアでも…世界の地下鉄で新型コロナウイルス関連の悪ふざけ

米国、韓国、ロシアでも…世界の地下鉄で新型コロナウイルス関連の悪ふざけ

近頃、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスをネタにするいたずら行為が世界各地で目撃され、ネット上で物議を醸している。資料写真。

近頃、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスをネタにするいたずら行為が世界各地で目撃され、ネット上で物議を醸している。

米ニューヨークの地下鉄では先日、防護服やマスクを着用した10代の少年2人が、プラスチックケースに入れたオレンジ色の液体を“コロナウイルス”と称して車内にまき散らす騒ぎを起こした。2人は日頃から公共の場で撮影したオリジナル動画をインスタグラム上で公開していた。実際にケースに入っていた液体はジュースで、2人はいたずらの後に周囲の乗客らに液体が無害であることを伝えたという。

韓国釜山市ではある男性ユーチューバーが、地下鉄の車内で激しくせき込み「皆さん、僕は武漢から来ました。肺炎にかかっています。僕から離れてください!」などと叫ぶ様子を撮影してユーチューブで公開した。男性は繁華街でも同様の騒動を起こしており、警察は逮捕状を請求しているという。

また、ロシアのモスクワでも、地下鉄の車内でマスクをした若い男が突然床に倒れ込み、激しくけいれんするなどして他の乗客を脅かす様子が撮影された。男はすでに警察に逮捕され、最長で5年間刑務所に収容されることになるという。

こうした行為に対し、ネット上では一部からは面白がるコメントも寄せられているが、「何も面白くない」「幼稚だし迷惑だ」「身内にウイルス感染者がいる人からすれば、全く笑えないはず」などと非難する声が相次いでいる。(翻訳・編集/岩谷)

関連記事(外部サイト)