当局からホテルに強制隔離された夫婦、ホテルから「宿泊費」請求される―中国

当局からホテルに強制隔離された夫婦、ホテルから「宿泊費」請求される―中国

14日、新京報は、新型コロナウイルス感染の疑いで当局から強制隔離措置を取られた夫婦が、隔離期間中の宿泊代を滞在先のホテルから請求されるトラブルが発生したと報じた。資料写真。

2020年2月14日、新京報は、新型コロナウイルス感染の疑いで当局から強制隔離措置を取られた夫婦が、隔離期間中の宿泊代を滞在先のホテルから請求されるトラブルが発生したと報じた。

記事は、先月19日に春節を迎えるために湖北省武漢市から陝西省靖辺県に帰省した馬(マー)さん夫妻が当局から強制隔離措置を取られ、同県内のホテルに28日にまで滞在したと紹介。隔離期間が終了してホテルを離れる際に、ホテル側から「宿泊代と食事代6000元(約9万4000円)あまりを支払わなければ帰さない」と精算を求められる事態となったと伝えた。

そして、同県の共産党委員会書記が「特殊な時期にこのような行動は不適切」として強制隔離期間の費用徴収を批判、ホテルとの協議の結果費用を半減することで話をつけたことを明かしたとしている。

記事によれば、馬さん夫婦はすでに費用を精算してホテルを離れたという。

この件について、中国のネットユーザーからはホテルの行動に対する不満が噴出しており「強制隔離されたのに費用を請求するとはどういうことか」「非常事態に乗じて金儲けしようと考えるべきではない」「こんなの、強制隔離されるより監獄に入った方がマシじゃないか」などのコメントが寄せられた。

また、現地政府の介入で費用が半分になったことについても「これは合理的な裁定なのか」「行政が支払うべきではないのか」「こんな状況だから、お金を取られるのを恐れてみんな病院に行きたがらないのだ」「強制隔離を指示した所が費用を持つべきだろう」などの批判が出ている。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)