イタリアでまた看護師が新型コロナ理由に自殺か=中国ネット「あまりにかわいそうすぎる」

イタリアで新型コロナウイルス拡大後に2例目の看護師自殺 新型コロナ感染が理由か

記事まとめ

  • イタリアで新型コロナウイルスに感染した看護師が自殺した
  • 記事によると女性は亡くなる前、新型コロナへの感染が確認されていたという
  • 看護師の自殺は2例目で、1週間ほど前に49歳の女性看護師が川に身を投げて自殺した

イタリアでまた看護師が新型コロナ理由に自殺か=中国ネット「あまりにかわいそうすぎる」

イタリアでまた看護師が新型コロナ理由に自殺か=中国ネット「あまりにかわいそうすぎる」

26日、新浪新聞の微博アカウント頭条新聞は、イタリアメディアの報道を引用し、イタリアで新型コロナウイルスに感染した看護師が自殺したと伝えた。写真はイタリア。 

2020年3月26日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント頭条新聞は、イタリア現地メディアの報道を引用し、イタリアで新型コロナウイルスに感染した看護師が自殺したと伝えた。

記事によると、ロンバルディア州モンツァの病院で、集中治療室(ICU)で働いていた34歳の看護師の女性が自殺した。女性は亡くなる前、新型コロナウイルスへの感染が確認されていたという。

イタリアの看護師連盟は、「新型コロナウイルスによる仕事のストレスと他人へ感染させることを心配したことが関係しているようだ」との見方を示しているという。

記事によると、イタリアで新型コロナウイルスの感染拡大が始まってから看護師の自殺は2例目。1週間ほど前に、ベネチアの病院で新型コロナウイルス感染者の世話をしていた49歳の女性看護師が、自身に発熱の症状が現れてから2日後に川に身を投げて自殺したという。イタリアでは5000人以上の医療関係者が新型コロナウイルスに感染しているという。

このニュースに対し、中国のネットユーザーからは「これはあまりにかわいそうすぎる。防護服や医療用マスクの余分をイタリアに送ってあげられないだろうか」「医療関係者は現場で惨状を目の当たりにしているだろうからな」「医療関係者の心理ケアが重要だ。中国では当時、心理ケアの専門家チームも派遣されていた」「どうか早く流行が収まってほしい」などのコメントが寄せられていた。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)