米NY動物園のトラとライオン新型コロナ陽性、中国のパンダは大丈夫か?

NYの動物園でトラとライオンがコロナ陽性 中国のパンダ繁殖施設「うちは全て陰性」

記事まとめ

  • NYのブロンクス動物園で、トラとライオンの新型コロナウイルス感染が確認された
  • 一方、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地のパンダは、すべて陰性とのこと
  • 中国のネット民からは「野生のは大丈夫なのだろうか」との反応があがった

米NY動物園のトラとライオン新型コロナ陽性、中国のパンダは大丈夫か?

米NY動物園のトラとライオン新型コロナ陽性、中国のパンダは大丈夫か?

中国四川省成都市にあるジャイアントパンダ繁殖研究基地のすべてのジャイアントパンダの新型コロナ陰性が判明したと伝えられ、SNS上で「安心した」との声が上がっている。写真は米NY市のブロンクス動物園。

中国四川省成都市にあるジャイアントパンダなどの研究・繁殖を行う施設「成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地」のすべてのジャイアントパンダの新型コロナ陰性が判明したと伝えられ、中国のSNS上で「安心した」との声が上がっている。

中国紙・環球時報のニュースサイト、環球網のウェイボーアカウントによると、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の張志和(ジャン・ジーホー)主任は13日、中国中央テレビの番組で、司会者から、米ニューヨーク市のブロンクス動物園でトラとライオン新型コロナウイルス感染が確認されたことについて聞かれ、「多くの病気は人と動物に共通なので気が気でなかった」とした。

その上で、「喜んで視聴者の皆さんや全国民にお伝えします。権威ある機関によるPCR検査で、私たちのすべてのジャイアントパンダは陰性でした。大丈夫です。新型コロナウイルスに感染していません」と答えた。

これについて、中国のネットユーザーからは、「よかったよかった」「海外にいる国宝(ジャイアントパンダのこと)たちもみな、健康でありますように」「野生のジャイアントパンダは大丈夫なのだろうか」「米国人にはショッキングなニュースだろう」などのコメントが寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)