「千と千尋の神隠し」の湯屋にそっくりと話題の民家、違法建築だった?―中国

「千と千尋の神隠し」の湯屋にそっくりと話題の民家、違法建築だった?―中国

17日、映画「千と千尋の神隠し」の湯屋に似ているとしてネット上で注目を集めていた浙江省杭州市の西湖にある民家に違法建築の疑惑が浮上した。

映画「千と千尋の神隠し」の湯屋に似ているとしてネット上で注目を集めていた浙江省杭州市の西湖にある民家に違法建築の疑惑が浮上した。中国メディアの観察者網が17日付で報じた。

西湖景観地域の茶畑付近にある木造の多層階民家が近ごろ「千と千尋の神隠し」の湯屋に似ているとして話題となり、多くの人が訪れるだけでなく、ドローンで撮影する人まで現れた。しかし、あまりの騒ぎに建物の主が「日常生活に支障が出ている」とし、撮影禁止を求める横断幕を掲げる事態になったという。

そうした中、あるネットユーザーが「建物を違法改築しているのではないか」との疑問を提起し、現地の行政当局も調査に乗り出した。そして、調査の結果、建物の主がこの土地を借り受け、もともとあった建物を漢代の建築様式を参考に改造したことで「特殊な形状の建物」が出来上がったことが分かったという。

記事によると、行政当局はこの建物について「違法建築である」との判断を下し、今後専門機関に依頼して家屋の測量を実施するなどして違法建築に当たる部分を確定した上で、その後の処置について検討する方針だという。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)