再開した東京ディズニーランドの感染対策に韓国ネット疑問「意味ない」「韓国の遊園地も…」

再開した東京ディズニーランドの感染対策に韓国ネット疑問「意味ない」「韓国の遊園地も…」

2日、韓国・京郷新聞は「新型コロナ感染が収まらない中で東京ディズニーランドが再開した」とし、その感染対策について伝えた。これに韓国のネットユーザーからは疑問の声が上がっている。写真はディズニーランド。

2020年7月2日、韓国・京郷新聞は「新型コロナウイルス感染が収まらない中で東京ディズニーランドが1日、4カ月ぶりに再開した」とし、その感染対策について伝えた。これに韓国のネットユーザーからは疑問の声が上がっている。

記事は、ディズニーランド側が来園客数の制限、来園客全員の体温測定、来園客のマスク常時着用、ショーやパレードの休止、アトラクションの利用人数の制限、アトラクション利用時の大声自粛の呼び掛け、入園前待機時の1.5メートル間隔維持などを感染対策として行っていると紹介している。

ディズニーランドは韓国人観光客に人気のスポットの1つ。そのためこの記事にも多くのコメントが寄せられているが、「入場前だけソーシャルディスタンス?」「コメディーなのか?」「入園後はみんな気にせず接近するだろうに」「中ではみんなくっ付いて歩いているよ。ああ、見ているこっちがもどかしい」「意味のない対策だ。多くの人が利用する施設はまだ運営しない方がいい。家で自粛を続けている人がかわいそう」など疑問の声が続出している。

その他、「そんなに焦って再開しなければならないもの?」「日本も米国のようにコロナ克服を諦めたようにみえる」という声や、「日本を笑っている場合じゃない。韓国の遊園地も同じ状況だったよ」との声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

関連記事(外部サイト)