「瓔珞<エイラク>」の俳優シュー・カイが一気に飛躍、トップ女優のヤン・ミーと共演へ

「瓔珞<エイラク>」の俳優シュー・カイが一気に飛躍、トップ女優のヤン・ミーと共演へ

時代劇ドラマ「瓔珞<エイラク>〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜」でブレークした中国の俳優シュー・カイが、最新作で女優ヤン・ミーと共演することになり、順調なステップアップを見せている。

時代劇ドラマ「瓔珞<エイラク>〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜」でブレークした中国の俳優シュー・カイ(許凱)が、最新作で女優ヤン・ミー(楊冪)と共演することになり、順調なステップアップを見せている。

モデル出身のシュー・カイは2018年放送の「瓔珞<エイラク>」で、ヒロインをひたすら守り続ける高官役を演じ、爽やかでりりしい辮髪(べんぱつ)姿も注目されて人気が急上昇。その後、現在に至るまで出演作は量産状態にあり、女優バイ・ルー(白鹿)とコンビを組んだドラマ「招搖」「烈火軍校」をはじめ、現在配信中の「天舞紀」、さらに配信待機中の作品には「晩媚と影〜紅きロマンス〜」で注目された人気女優リー・イートン(李一桐)と共演の「大唐女兒行」、eスポーツ選手を演じる「?微笑時很美」などがある。

現在撮影中のファンタジー時代劇「千古?塵」では、映画を中心に活動する女優チョウ・ドンユィ(周冬雨)との共演が話題に。さらに今月2日には、動画配信サービス・騰訊視頻(テンセントビデオ)の今後のラインナップ発表により、ヤン・ミーと共演のドラマ「愛的二八定律」の制作も明らかになった。

全50話予定の「愛的二八定律」では、ヤン・ミーがエリート女性弁護士を演じ、互いの利害関係が絡んでやむなく結婚した男女が、少しずつ歩み寄り愛を育んでゆく様子を描く。「永遠の桃花〜三生三世〜」などで知られるヤン・ミーは現在トップクラスに君臨する女優で、シュー・カイより9歳年上。ここ2年で一気に飛躍したシュー・カイが、思いがけないキャスティングでトップ女優の共演相手に起用されたことで、最新作へのファンの期待も高まっている。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)