フィリピン、日本から警戒管制レーダー調達へ=日本が獲得した初の武器輸出の大きな注文―中国メディア

フィリピン、日本から警戒管制レーダー調達へ=日本が獲得した初の武器輸出の大きな注文―中国メディア

中国共産党系の環球時報のニュースサイトは8月31日、「フィリピンが日本から戦闘機やミサイルを探知する警戒管制レーダーを購入することが決まった」と報じた。資料写真。

中国共産党系の環球時報のニュースサイトは8月31日、「フィリピンが日本から戦闘機やミサイルを探知する警戒管制レーダーを購入することが決まった」とし、「日本が獲得した初めての武器輸出の大きな注文となる」と報じている。

軍事情報サイトJanes.comの28日付報道を引用して伝えたところによると、フィリピン国防省は、日本の三菱電機から警戒管制レーダーを調達する契約を締結した。1億350万ドル(約109億円)と評価されるこの契約は、日本が2014年に海外への武器輸出禁止を解除して以来、最大かつ最も注目されている防衛輸出だ。

フィリピン国防省によると、当初の調達予算は1億1300万ドルだった。

フィリピン国防省のアルセニオ・アンドロン報道官によると、調達したシステムは、1990年代初頭から日本の航空自衛隊に配備されている警戒管制レーダーのJ/FPS-3に基づくものだという。

契約には、レーダー4基(3基は固定式、1基は移動式)および関連する地上設備とシステムが含まれ、2022年に引き渡される予定だ。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)