サムスンがほぼ完璧に折れるフォーダブルOLEDを商用化=韓国ネット「世界最高の技術」

サムスンがほぼ完璧に折れるフォーダブルOLEDを商用化=韓国ネット「世界最高の技術」

16日、韓国経済TVなどは「サムスンディスプレーが、ほぼ完璧に折れるフォーダブルOLEDパネルの商用化に成功した」と伝えた。

2020年9月16日、韓国経済TVは「サムスンディスプレーが、ほぼ完璧に折れるフォーダブル(折りたたみ式)OLED(有機発光ダイオード)パネルの商用化に成功した」と伝えた。

記事によると、サムスンディスプレーは同日、最小曲率1.4RでフォーダブルOLEDパネルの商用化に成功したと発表した。1.4Rは半径1.4ミリの円と同じ程度の曲がり具合を意味する。数字が小さいほど曲がり具合がきつい。1.4RフォーダブルOLEDは現在までに商用化されたフォーダブル製品の中で最も小さいという。

同社3作目となるフォーダブルOLEDは、2208×1768の解像度に7.6インチの大きさを備えている。同社は「前作より画面は大きいが、カバーウィンドウで超薄型ガラス(UTG)を使用しており、透明ポリイミドより丈夫で審美的完成度が高い」と説明した。

同製品はサムスン電子が最近公開した「Galaxy Z Fold2」に搭載されている。同社関係者は「1.4RフォーダブルOLEDは完璧に近いフォールディングを実現した。OLED固有の優れた画質を提供し、消費者にフォーダブルスマホの新たな価値を示すだろう」と話しているという。

これに韓国のネットユーザーからは「サムスンは韓国の希望」「やっぱりサムスン」「サムスンの技術は世界最高だ」「アイフォンはもうサムスンについて来られない。サムスンが世界トップになる」など称賛や期待の声が続々と寄せられている。

一方で「中国に技術を盗まれないように」「技術の流出にさえ気を付ければこのままトップを走り続けられる」と警戒する声も。

その他「なぜ折り曲げる必要があるのか」「良いことはみんな分かっている。ただ値段が高い」などと指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

関連記事(外部サイト)