コロナウイルスがアジアで中国人や移民への人種差別促す、国際赤十字・赤新月社連盟が警告―中国メディア

コロナウイルスがアジアで中国人や移民への人種差別促す、国際赤十字・赤新月社連盟が警告―中国メディア

新型コロナウイルスがアジアの国々で移民や外国人など弱い立場にあるコミュニティーへの人種差別を促していると、国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)が17日警告した。資料写真。

中国のニュースサイト、界面の17日付報道によると、新型コロナウイルスがアジアの国々で移民や外国人など弱い立場にあるコミュニティーへの人種差別を促していると、国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)が17日警告した。

界面がロイター通信の17日付報道を引用して伝えたところによると、IFRCがインドネシア、マレーシア、ミャンマー、パキスタンの5000人を調査したところ、新型コロナウイルスのまん延を特定のグループのせいにしており、その多くが中国人、移民、外国人について言及していることが分かった。

IFRCのアジア太平洋地域コミュニティー関与・説明責任コーディネーターであるViviane Fluck氏は、「特に懸念されるのは、もともと弱い立場にある移民と外国人労働者が、新型コロナウイルスのまん延について非難されていることだ」とし、「根底にあるパワーダイナミクスと不平等の構造的問題に関するうわさ」と戦うことにもっと焦点を当てるべきだとしている。

マレーシア当局が今年5月、何百人もの移民と難民を逮捕したことについて、国連は「立場の弱いグループが自らを隠し、彼らが治療を求めることを妨げる可能性がある」と述べている。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)