中国、飛行中の機内で乗客が自殺

中国、飛行中の機内で乗客が自殺

中国の飛行機内で乗客が自殺

中国、飛行中の機内で乗客が自殺

9月23日、福建省福州市から四川省成都市に向かう飛行機の機内で男性の乗客が自殺した。資料写真。

9月23日、福建省福州市から四川省成都市に向かう飛行機の機内で男性乗客が自殺した。複数の中国メディアが25日付で伝えている。

報道によると、事件が発生したのは中国国際航空CA4230便。男性は機内のトイレで自殺を図ったと見られ、目撃者によると首にロープのようなものが巻き付いていたという。

発見後、同便は午後9時29分に長沙市の黄花国際空港に緊急着陸。男性は機内で救護措置を受け、着陸後に病院に搬送されたが、その後死亡が確認された。

ネット上ではすでに大きな話題になっており、「なぜわざわざ機内で自殺を?」「何を思い詰めていたのか」「乗り合わせた人はトラウマだろう」「今後、さらに安全検査が厳しくなる」などの声が上がっている。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)