雪の中で大喜び、パンダの楽しい冬の日々

雪の中で大喜び、パンダの楽しい冬の日々

秦嶺山脈で23日午後6時13分、雪が降りました。山中にある陝西省仏坪県のジャイアントパンダの野生化訓練基地では、ジャイアントパンダの「恒恒」と「安安」が庭の中を散歩しながら雪景色を眺めています。

秦嶺山脈(中国中部を東西に貫く山脈)で23日午後6時13分、雪が降りました。山中にある陝西省仏坪県のジャイアントパンダの野生化訓練基地では、ジャイアントパンダの「恒恒」と「安安」が庭の中を散歩しながら雪景色を眺めています。

この2頭のパンダは共に3歳で、人間の年齢で9歳に当たり、遊び盛りの年ごろです。この2頭のパンダは2019年12月16日に陝西省希少野生動物救急飼育研究センターから仏坪県に運ばれ、野生に戻るための訓練を始めました。

陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖育成研究センターでは、ジャイアントパンダの「ヤヤ」が雪を見て大喜びし、雪の中をごろごろと転がり続けています。ほかのパンダたちも木に登り、雪景色を楽しんでいます。

伝えられるところによりますと、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖育成研究センターには現在、ジャイアントパンダ32頭がいるということです。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)