「大統領選挙の前哨戦」ソウル・釜山市長選挙で与党が惨敗=韓国ネット「無能な政府に対する審判だ」

「大統領選挙の前哨戦」ソウル・釜山市長選挙で与党が惨敗=韓国ネット「無能な政府に対する審判だ」

韓国において「大統領選挙の前哨戦」と位置付けられる、ソウルと釜山の市長選挙が7日に行われ、与党候補が惨敗を喫した。写真はソウル。

韓国において「大統領選挙の前哨戦」と位置付けられる、ソウルと釜山の市長選挙が7日に行われ、与党候補が惨敗を喫した。4月8日、韓国・聯合ニュースが報じた。
記事によると開票の結果、ソウル市長選挙では保守系最大野党「国民の力」の呉世勲(オ・セフン)氏が、57.5%の得票率で与党「共に民主党」の朴映宣(パク・ヨンソン)氏(39.18%)を抑えて当選。呉氏はソウル市内の25区すべてにおいて勝利し、特に江南区では朴氏(24.32%)の3倍近い73.54%もの得票率を記録したという。
また釜山市長選挙においても「国民の力」の朴亨ジュン(パク・ヒョンジュン)氏が62.67%の票を獲得し、「共に民主党」の金栄春(キム・ヨンチュン)氏(34.42%)に大差をつけて勝利した。
祝日でないにもかかわらず、今回の投票率はソウルが58.2%、釜山が52.7%を記録したという。広域団体の市長選挙の投票率が50%を超えたのは、今回が初めてとされる。
記事は与党の敗因について、「与党系市長らによるセクハラ行為がきっかけで市長選挙が行われた状況に加え、不動産関連政策の失敗や韓国土地住宅公社(LH)の問題などにより、国民の政府に対する反発が強まったためではないか」との見解を伝えている。
今回の結果を受け、与党の「共に民主党」は2011年以降10年ぶりに保守政党へソウル市長の座を明け渡すことになり、2018年に初めて獲得した釜山市長の座もたった3年で奪われることになった。2022年3月に行われる大統領選挙についても、与党は苦戦を予想されている。
この報道に対し韓国のネットユーザーからは、「今回の結果は自分たちの利益のみを考えて政治を行ってきた、無知で無能な政府に対する審判だ」「これで国民の怒りを感じ取ったなら、文大統領は謝罪すべき」「国会で180議席も持ってようが、結果を出せなければ意味がない」「あとは来年文大統領を大統領府から追い出すだけだ」など、現政権に対する厳しい批判の声が寄せられている。
一方で「同じ過ちを繰り返すなら、『国民の力』も大統領選挙で敗北することになる」「呉世勲氏が素晴らしいから選ばれたわけじゃない。民主党がひどいだけだ」などのコメントからは、野党の勝利に対しても手放しに喜べない様子がうかがえた。(翻訳・編集/丸山)

関連記事(外部サイト)