日本の医薬品メーカーの薬に睡眠薬成分混入、運転中に意識もうろうも=中国ネット「これが匠の精神か」

日本の医薬品メーカーの薬に睡眠薬成分混入、運転中に意識もうろうも=中国ネット「これが匠の精神か」

7日、観察者網は、日本の製薬会社が製造した爪水虫治療薬に睡眠導入剤成分が混入していたため、製薬会社が自主回収を発表したことを報じた。

2020年12月7日、観察者網は、日本の製薬会社が製造した爪水虫治療薬に睡眠導入剤成分が混入していたため、製薬会社が自主回収を発表したことを報じた。

記事は、日本の製薬会社・小林化工が製造した抗真菌経口薬イトラコナゾール錠50「MEEK」に通常の服用量を超える睡眠導入剤成分が混入していたと紹介。調査の結果、製造担当者が誤って成分を混入したことが判明し、これまでに12人が服用後に意識消失などの副作用を発し、中には自動車の運転中に意識がもうろうとして事故を起こした事例もあったと伝えた。そして、同社が該当ロットのおよそ9万錠の回収を開始したとしている。

この件について、中国のネットユーザーからは「頭を下げて謝罪だな」「また謝罪のお時間が来たようだ」「どうせ謝って終わりでしょ」「伝統芸能の土下座が見られるか」など、日本の謝罪文化と絡めたコメントが多く寄せられたほか、「これが匠(たくみ)の精神を持つという日本なのか」「一つの薬で不眠と水虫を治す。これぞ匠の精神」「目が覚めたら、水虫が良くなってたりして」といったコメントも見られた。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)