韓国で「鬼滅の刃」に盗作疑惑が浮上=ネットユーザーは「完全に同じ」「訴えてもいい」と主張

韓国で「『鬼滅の刃』は韓国ドラマのパクリだ」と投稿 「不滅の李舜臣」とそっくり?

記事まとめ

  • 韓国のネット掲示板で「『鬼滅の刃』は韓国ドラマのパクリだ」との声が上がっている
  • ドラマ「不滅の李舜臣」の登場人物と竈門禰豆子の外見がそっくりだという
  • 「タイトルも『鬼滅』と『不滅』で似ている」と指摘する声もある

韓国で「鬼滅の刃」に盗作疑惑が浮上=ネットユーザーは「完全に同じ」「訴えてもいい」と主張

韓国で「鬼滅の刃」に盗作疑惑が浮上=ネットユーザーは「完全に同じ」「訴えてもいい」と主張

韓国のインターネット掲示板にこのほど、「『鬼滅の刃』に盗作疑惑が持ち上がった」と題する投稿が寄せられ、注目を集めている。写真は日本の自動販売機。

韓国のインターネット掲示板にこのほど、「『鬼滅の刃』に盗作疑惑が持ち上がった」と題する投稿が寄せられ、注目を集めている。

投稿主は「『鬼滅の刃』は韓国ドラマのパクリだ」と主張している。

問題となっているのはヒロインの竈門禰豆子の外見。口にくわえている竹と帯の市松模様が特徴的だが、投稿主はこれを韓国ドラマ「不滅の李舜臣(イ・スンシン)」の登場人物と「そっくり」だと指摘し、両者を比較する写真を掲載している。

「不滅の李舜臣」は豊臣秀吉の侵攻を阻止した英雄・李舜臣の生涯を描いた歴史大河ドラマで、韓国では04〜05年に放送された。

これを見た他のネットユーザーからは「これは間違いない」「完全に同じだ(笑)」「訴えてもいいのでは?」「不滅の禰豆子だ」など賛同の声が上がっている。また、「タイトルも『鬼滅』と『不滅』で似ている」と指摘する声も。

一方で「また何を言い出すのか…」「そんなことを言ったら韓国の漫画は全て日本の漫画の盗作になるだろう」と反論する声も見られた。

このほか、ドラマの登場人物は白い棒状のものを口にくわえているが、この理由についてはあるユーザーが「夜襲をかけるときに声を出さないようにするため」と説明している。(翻訳・編集/堂本)

関連記事(外部サイト)

×