中国で新型コロナの国産ワクチン初承認、有効性は79.34%―中国メディア

中国で新型コロナの国産ワクチン初承認、有効性は79.34%―中国メディア

中国政府は31日、国有製薬大手、中国医薬集団(シノファーム)傘下の中国生物が開発した新型コロナウイルス不活化ワクチンを条件付きで承認したと発表した。中国国産ワクチンの承認は初めて。資料写真。

中国国営新華社通信によると、中国政府は31日、国有製薬大手、中国医薬集団(シノファーム)傘下の中国生物が開発した新型コロナウイルス不活化ワクチンを条件付きで承認したと発表した。

中国国産ワクチンの承認は初めて。報道によると、中国生物北京公司は30日、最終段階の臨床試験(治験)のデータを分析した結果、ワクチンの有効性は79.34%で、世界保健機関(WHO)と国家薬品監督管理局の基準を満たしているとして、同局に条件付き承認を申請したと発表していた。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)