韓国の12月輸出が過去26カ月で最大の伸び、世界経済の「朗報」―中国メディア

韓国の12月輸出が過去26カ月で最大の伸び、世界経済の「朗報」―中国メディア

韓国の12月輸出額は前年同月比12.6%増と、過去26カ月で最大の伸び幅を示した。中国メディアの財聯社は、全世界の使用に大きな喜びをもたらしたと評した。

中国メディアの財聯社は1日、韓国政府・産業通商資源部の発表によるとして、韓国の2020年12月の輸出額は前年同月比12.6%増と、過去26カ月で最大の伸び幅を示したと紹介した。記事は、韓国の輸出の急増が「全世界の市場に極めて大きな驚きと喜びをもたらした」と評した。

記事は韓国経済を「長期にわたり全世界経済にとっての先行指標の意義を備えてきた」と紹介。すなわち、韓国経済が下降すれば全世界経済が衰退さらには危機に直面し、韓国経済が上昇すれば、全世界経済が回復に向かうことを意味するという。

韓国の12月輸出高は前年同月比12.6%増の514億1000万ドル(約5兆3050億円)で、2018年10月以来の最大の伸び幅だった。伸び幅は11月の同4.1%増を大幅に上回った。

大幅な伸びを達成した主要な要因は、全世界での集積回路(チップ)に対する需要が力強く改善されたからという。韓国の12月の集積回路の輸出は前年同月比30%増と、2018年8月以来の伸び幅を見せた。2020年通年では前年比5.6%増の991億ドル(約10兆2310億円)で、2018年の1267億ドル(約13兆80億円)に次ぐ歴代第2位だった。

さらに韓国では2020年、新型コロナウイルスの検査機器などバイオ・健康関連商品も、十大輸出品の一つになった。

韓国の輸出額は2020年通年では、前年比5.4%減の5128億ドル(約52兆9410億円)にとどまった。しかし、前年の2019年には前年比10.8%減と、2009年の世界金融危機以来初めての2ケタ台の落ち込みになったことと比べれば、2020年の輸出額の下落はそれほど大きいとは言えない。

記事はさらに、2020年通年の韓国の輸入額は前年比7.2%減の4672億ドル(約48兆2340億円)で、貿易黒字は456億ドル(約4兆7080億円)となり、韓国は12年連続で貿易黒字を維持したと紹介した。(翻訳・編集/如月隼人)

関連記事(外部サイト)