海南省、日本の経験を参考に2021年からすべてのごみを無害化

海南省、日本の経験を参考に2021年からすべてのごみを無害化

2021年1月1日から、海南省の16カ所の生活ごみ埋立地はすべて閉鎖され、すべての生活ごみは焼却発電事業に投入され、無害化・資源化処理されます。

2021年1月1日から、海南省の16カ所の生活ごみ埋立地はすべて閉鎖され、すべての生活ごみは焼却発電事業に投入され、無害化・資源化処理されます。海南省はこれまでに、同省の生活ごみサービス範囲を編成し、全省のごみ焼却サービスを統一的に計画し、全省で収集した生活ごみをすべて対応する焼却発電所で処理することを確保しています。

日本はごみ処理分野で世界一流の技術と豊富な経験を持っています。ごみ処理は海南省でも紆余曲折を経てきています。ごみ焼却の重要な前提条件はごみの分類で、全省で日本の経験を学び、住民対象の学習会を開き、幼稚園や学校での教育を強化し、幼稚園や学校などで環境保護の重要性を教育します。今年から全省でごみの無害化処理を順調に実現しています。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)