北京市の今年の乗用車指標総量を発表

北京市の今年の乗用車指標総量を発表

北京市乗用車指標調整管理弁公室はこのほど、2021年の乗用車指標総量と配分比率を発表しました。今年の乗用車指標の年間割当数は10万となりました。

北京市乗用車指標調整管理弁公室はこのほど、2021年の乗用車指標総量と配分比率を発表しました。今年の乗用車指標の年間割当数は10万となりました。このうち、普通乗用車の指標割当数は4万、新エネルギー乗用車の指標割当数は6万となりました。

今年1月1日から実施された「ナンバープレート抽選の新政策」に基づき、「自動車未保有世帯」を単位とするナンバープレートの抽選とポイントランキングの指標配分方式が追加されました。自動車未保有世帯に、明らかに高い個人の普通車の指標割当率と新エネルギー車の指標割当数を与えるという優遇措置を通じて、自動車未保有世帯の所有ニーズを優先的に解決します。

具体的な配分比率は、普通乗用車の指標では、個人と世帯の指標枠は年度の普通乗用車の指標割当数の95.5%、計3万8200となります。新エネルギー車の指標では、世帯の指標枠は年度の新エネルギー乗用車の指標割当数の約54.2%、計3万2520、個人の指標枠は年度の指標割当数の約36.1%、計2万1680とのことです。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)