米、台湾との接触制限撤廃=バイデン氏の政権移行チームが態度表明―米華字メディア

米、台湾との接触制限撤廃=バイデン氏の政権移行チームが態度表明―米華字メディア

ポンペオ米国務長官は、米当局者の台湾側との接触で中国政府に配慮して自主的に設けてきた制限を撤廃すると発表した。これに関連し、多維新聞はバイデン米次期大統領の政権移行チームが態度を表明したと報じている。

ポンペオ米国務長官は9日、米国の外交官や軍人、他の当局者の台湾側との接触で中国政府に配慮して自主的に設けてきた制限を撤廃すると発表した。これに関連し、米国の中国語ニューサイトの多維新聞は11日、バイデン米次期大統領の政権移行チームが態度を表明したと報じている。

記事によると、バイデン氏の政権移行チームの関係者は9日、「台湾に対する米国の支持は、揺るぎなく、原則に基づき、超党派的であり続けなければならない。バイデン氏は、台湾の人々の希望と最大の利益と一致する両岸(中国と台湾)問題の平和的解決を支持するだろう」と述べた。

同関係者はまた、「バイデン氏は、大統領選挙運動で明らかにしたように、米上院議員として投票した台湾関係法に責任感をもって取り組み、米国の一つの中国の政策を順守するだろう」とも述べた。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)