WHO報道官、訪中の国際調査団の研究内容を紹介

WHO報道官、訪中の国際調査団の研究内容を紹介

世界保健機関報道官は中国国際テレビ局のインタビューを受け、14日から中国を訪問し、中国側の専門家と共に新型コロナウイルスの発生源について科学研究を行う国際調査団の研究内容を明らかにしました。

世界保健機関(WHO)のマーガレット・ハリス報道官はこのほど中国国際テレビ局(CGTN)のインタビューを受け、14日から中国を訪問し、中国側の専門家と共に新型コロナウイルスの発生源について科学研究を行う国際調査団の研究内容を明らかにしました。

ハリス報道官によりますと、国際調査団は、武漢で最初に報告された感染者や感染ルート、新型コロナと関連する可能性のある異なる種類の動物について調べます。データや研究結果の共有を通じて「ブレインストーミング」をし、仮説を立て、方向性に関する問題について話し合うということです。

ハリス報道官は「大きな感染症に関する研究は時間が必要であるため、今回の研究について明確な答えを期待しないほうがいい」と述べました。

さらに、ハリス報道官は「今回の研究は政治とは無関係だ」と強調し、「テドロス事務局長が言うように、今回の研究は科学分野の任務で、政治とは関係がない。各種政治をドアの外に置くべきだ」との考えを示しました。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)