中国、19日の新型コロナ新規国内症例88人、吉林46人、河北19人=ネット「河北は減少傾向」「吉林頑張れ」

中国、19日の新型コロナ新規国内症例88人、吉林46人、河北19人=ネット「河北は減少傾向」「吉林頑張れ」

1月19日午前0時から20日午前0時にかけて、中国本土で新たに確認された新型コロナウイルス感染者は103人だった。うち輸入症例が15人、国内症例が88人。写真はPCR検査を受ける北京市民。

中国国営中央テレビ(CCTV)のニュースサイトによると、1月19日午前0時から20日午前0時にかけて、31省(自治区、直轄市)と新疆生産建設兵団で新たに確認された新型コロナウイルス感染者は103人だった。うち海外から入国後に感染が確認された「輸入症例」が15人(上海4人、広東3人、浙江2人、四川2人、陝西2人、天津1人、福建1人)、中国本土で感染した「国内症例」は88人(吉林46人、河北19人、黒竜江16人、北京7人)、新たな死者は0人、新たに感染が疑われた人は0人だった。

SNSの微博(ウェイボー)では20日、「吉林で新たに国内症例46人」というワードが一時トレンド入り。「河北の新規感染者は減少傾向。抑え込みがうまくいっているようだ」「吉林頑張れ。一日も早くゼロに」「心を一つにして疫病に立ち向かおう」などのコメントが寄せられていた。

また、今年の春節(旧正月、今年は2月12日)連休について、国内の人々の大規模な移動を減らす目的で、帰省せず今いる場所で過ごすよう呼び掛けられていることを受け、「でもやはり実家で家族と新年を迎えたい」との声もみられた。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)