日本車販売半減の韓国市場、トヨタ・レクサスだけが善戦、高級車好む傾向強まる

日本車販売半減の韓国市場、トヨタ・レクサスだけが善戦、高級車好む傾向強まる

日本製品の不買運動の影響で日本車の販売台数が半減した韓国で、トヨタ「レクサス」の販売だけが善戦している。高級車を好む傾向が強まったためとみられる。写真はレクサス。

日本製品の不買運動の影響で日本車の販売台数が半減した韓国で、トヨタの高級車「レクサス」の販売だけが善戦し、注目を集めていると韓国紙が報じた。レクサスの伸びはハイブリッド車(HV)に対する消費者の関心が高まった上、高級車を好む傾向が強まったためとみられる。
朝鮮日報によると、韓国輸入自動車協会(KAIDA)が6日に公表した今年1〜3月の日本車の販売台数が前年同期比6.7%減の4083台。トヨタは1%増の1385台、ホンダは19.3%減の923台だった。
日本車のシェアは前年同期の8%から5.7%に低下。不買運動初期に比べ、日本車に対する否定的な認識はかなり和らいだが、販売台数は全体的に減少が続いている。
こうした中、今年1〜3月のレクサス販売台数は1980台で、前年同期を41.9%上回り、唯一好調だった。3月の販売台数は860台で、前年同月(411台)の2.1倍を記録。2月(677台)を27%上回った。
不買運動以前の2019年上半期にレクサスは月1200〜1500台売れていた。ドイツ製のメルセデス・ベンツ、BMWに次ぎ、輸入車で販売台数3位を記録したこともあった。不買運動以降は販売台数が400台余りにまで落ち込んだが、昨年下半期から再び増加に転じた。
その要因として朝鮮日報は高級車志向が強まったことに加え、「韓国の消費者が高級車に期待するソフトで静かな走りをレクサスが長年追求し、故障しない頑丈なイメージも定着したと分析されている」と伝えた。
レクサスの販売増はHV仕様で準大型セダンの「ES300h」が主導している。昨年は不買運動の渦中でも年間で5732台を売り上げ、輸入HV車で1位を記録した。3月には559台を売り上げ、輸入車のモデル別で4位、輸入HV車では2位となった。今年1〜3月のES300hの販売台数は1289台で9位だった。レクサスの販売台数に占めるES300hの割合は65%に達する。
最近、レクサスは旗艦モデルLSのマイナーチェンジモデルを発表した。ガソリン仕様のLS500とHV仕様のLS500hの2モデルだ。新車発売を通じ、韓国市場でも販売回復に弾みをつける狙いだという。
一方、中央日報によると、KAIDAは3月の輸入乗用車新規登録台数が前年同期比34.4%増の22万7297台となったと明らかにした。国別では日本車が前年同期比23.5%増の1737台で回復傾向を示した。HV車人気と新車発売が影響を及ぼしたとされる。欧州車は2万2240台で前年同期比38.2%増え、米国車も3320台で18.4%増加した。(編集/日向)

関連記事(外部サイト)

×