巨額脱税騒動後のファン・ビンビンが「落ちぶれた?」、よれよれ衣装にネットで驚きの声

巨額脱税騒動後のファン・ビンビンが「落ちぶれた?」、よれよれ衣装にネットで驚きの声

中国の女優ファン・ビンビンがイベントに出席した時の姿を捉えた写真に、過去の栄光とあまりにもかけ離れているとネットユーザーから驚きの声が上がっている。

中国の女優ファン・ビンビン(范冰冰)がイベントに出席した時の姿を捉えた写真に、過去の栄光とあまりにもかけ離れているとネットユーザーから驚きの声が上がっている。
写真は今月14日、ファッション関連の授賞イベントに出席したファン・ビンビンの姿を撮ったもの。オレンジ色の中国風の衣装でステージに立つファン・ビンビン。上着やスカートに折りじわがくっきりと残り、よれてくたびれた見苦しい印象となっている。
さらにファン・ビンビンの立つステージは小さく簡素なもので、背後は駐車場らしく車が並ぶのが見え、授賞式が行われたのはごく小さな会場だと分かる。ファン・ビンビンと並んで立つ男性司会者も無名の人物で、ファッションのイベントながらおしゃれとは言い難い衣装に身を包んでいる。
2017年にはカンヌ国際映画祭のコンペティション部門で審査員を務め、「X-MEN:フューチャー&パスト」などハリウッド映画にも出演しているファン・ビンビンだが、一連の写真を見たネットユーザーからは驚きの声が。「落ちぶれた」「過去の輝きがない」「わざわざ出てきて恥をかくことはないのに」「アイロンをかける助手もいないのだろうか?」といったコメントが集まっている。
ファン・ビンビンは2018年、巨額脱税騒動で一時完全に姿を消したことで世界から注目され、8億元(約130億円)を超える罰金と追徴課税も話題になった。騒動後、中国国内での女優復帰には至っていないが、今回の写真にファンからは、「来た仕事を堂々と引き受ける強い女性」「必ず復活すると信じている」などといったエールも集まっている。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)

×