ファーウェイのお嬢様、芸能界デビュー後初の公の場にネット衝撃「太った?」―中国メディア

ファーウェイのお嬢様、芸能界デビュー後初の公の場にネット衝撃「太った?」―中国メディア

今年1月に芸能界デビューを発表したアナベル・ヤオがこのほど、初めて公の場に姿を見せたが、プロモーション用の写真などとは異なるふっくらとした顔つきがネットを騒がせていると伝えられている。

今年1月に芸能界デビューを発表した中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の創業者、任正非(レン・ジョンフェイ)最高経営責任者(CEO)の2番目の娘の姚安娜(アナベル・ヤオ)がこのほど、初めて公の場に姿を見せたが、プロモーション用の写真などとは異なるふっくらとした顔つきがネットを騒がせていると、中国のエンタメ系メディアの網易娯楽が19日付で伝えている。
アナベル・ヤオは19日、上海モーターショーに上下白のスーツ姿で登場した。
中国の大手エンターテインメント会社の天浩盛世娯楽は今年1月14日、同日に23歳の誕生日を迎えたアナベル・ヤオの芸能界デビューを発表。同社が制作したドキュメンタリーフィルムも公開され、SNS微博(ウェイボー)では「アナベル・ヤオデビュー」というワードが一時、トレンド1位となった。
報道によると、アナベル・ヤオは米ハーバード大でコンピュータ・サイエンスを学び、バレリーナとしても活躍。2018年12月に異母姉でファーウェイ最高財務責任者(CFO)の孟晩舟(モン・ワンジョウ)が、米国の要請により、対イラン制裁に違反した疑いでカナダで逮捕された際には、アナベル・ヤオが公式インスタグラムに投稿した写真が「セレブ過ぎる」として日本でも注目された。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)

×