ジャッキー・チェンとチョウ・ユンファはなぜ共演しない?「同類ではない」アンディ・ラウが解説

ジャッキー・チェンとチョウ・ユンファはなぜ共演しない?「同類ではない」アンディ・ラウが解説

香港が生んだ世界的スターのジャッキー・チェンとチョウ・ユンファが、現在まで一度も共演していない理由について、アンディ・ラウが語った。

香港が生んだ世界的スターのジャッキー・チェン(成龍)とチョウ・ユンファ(周潤發)が、現在まで一度も共演していない理由について、アンディ・ラウ(劉徳華)が語った。
ジャッキー・チェンとチョウ・ユンファはそれぞれ、1970〜80年代にかけてブレークした後に、ハリウッドへ進出という発展の道筋も相似している。ジャッキー・チェンは「ラッシュアワー」シリーズ、チョウ・ユンファは「アンナと王様」など、お互いに人気作品を生み出し、香港を代表する世界的スターとして知られる。
そんな2人は現在まで、一度も映画での共演経験がないが、ジャッキー・チェンが共演を望んで何度もラブコールを送ったものの、チョウ・ユンファにことごとく拒まれたとも言われている。これについて、このほどアンディ・ラウがインタビューで語った言葉が話題になった。2人についてアンディ・ラウは「同類の人ではない」と説明している。
周知のようにジャッキー・チェンの映画は体を張ったアクションをふんだんに盛り込み、動感のあふれる爆破シーンなど鮮烈な映像が持ち味。一方、チョウ・ユンファは人物の塑造にたけ、近年は重厚なイメージも備わっている。2人の異なる風格からは、共演作はどちらをベースに作るべきかテーマが見いだせないことが最大の理由になっているという。
2人が共演しない理由については、過去にも何度も話題になってきた。ネットユーザーからは、「まさに王不見王(王は王と対面しない)だ」「カテゴリーが違うのは納得」「映画王同士が無理に共演して観客にこびることはない」といった声のほか、制作上の不都合やロイヤリティーの分配の問題といった「大人の事情」もあるのだろうという意見も出ている。(提供/華流・anomado)

関連記事(外部サイト)

×