スタバの「マイボトル持参で無料」イベントに、ウオーターサーバータンク持ってくるツワモノ―中国

スタバの「マイボトル持参で無料」イベントに、ウオーターサーバータンク持ってくるツワモノ―中国

22日、観察者網は、世界アースデイに中国で行われたスターバックスコーヒーの「1杯無料」イベントで、さまざまな「マイボトル」が出現したことを報じた。

2021年4月22日、観察者網によると、世界アースデイに中国で行われたスターバックスコーヒーの「1杯無料」イベントで、さまざまな「マイボトル」が出現した。
記事によると、世界アースデイの4月22日に毎年中国のスタバで行われている「マイボトル持参者にコーヒー1杯無料」イベントが今年も実施された。同日午前にスタバのSNSアカウントが「午前11〜12時に無料イベントを実施する」と告知すると、各店舗には同10時過ぎから「無料の1杯」を求める市民による長蛇の列ができた。
記事は、列に並ぶ市民が持参した多種多様な「マイボトル」に注目。スタバの純正タンブラーやマグカップはもちろんのこと、ガラス瓶、空き缶、ワイングラス、茶つぼ、2リットルは入りそうな保温ボトルなどがカウンターに並んだという。
そして、「とりわけ目を引いた」のが、空になったウオーターサーバータンクを持ってやってきた市民だったと紹介。「自らの強欲ぶりを他人に知られたくないためか、動物のかぶり物をかぶって並んでいた」と伝え、その様子をみたネットユーザーから「さすがにやり過ぎだろう」「まじめにタンク持ってきたのだろうか」「かぶり物している点から、人間としての理性は残していることがうかがえる」といった感想が寄せられたことを紹介した。
なお、このイベントに関してスタバ側は「1人あたりトールサイズのカップ1杯分のドリップコーヒーを無料サービス」と規定しており、どんなに大きな容器を持参したとしても、もらえるのは330ミリリットル分だけだった。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)

×