韓国軍の”質素すぎる食事”を暴露した兵士ら、携帯没収や休暇取り消しの処分を受ける?=ネットで怒り殺到

韓国軍の”質素すぎる食事”を暴露した兵士ら、携帯没収や休暇取り消しの処分を受ける?=ネットで怒り殺到

23日、韓国・ヘラルド経済によると、一部の軍部隊の「粗末な隔離ごはん」が物議を醸す中、兵士らが「携帯電話の没収や休暇の取り消しなどの懲戒を受けた」と暴露した。資料写真。

4月23日、韓国・ヘラルド経済によると、韓国で一部の軍部隊の「粗末な隔離ごはん」が物議を醸す中、兵士らが「携帯電話の没収や休暇の取り消しなどの懲戒を受けた」と暴露した。一方、陸軍本部側は「そのような事実はない」と否定している。
ネット上の軍隊関連コミュニティに23日、「51師団隷下部隊所属」を名乗る兵士が書き込んだ文章によると、新型コロナウイルス感染症予防のために隔離措置を受けた同師団所属部隊員が粗末な食事内容を暴露したあと、部隊員たちは携帯電話を没収され、幹部から「こういう情報を流せば、君たちが苦しくなるだけだ」と言われたという。全兵士が携帯電話内の写真を検査され、体力トレーニングの日課が増えた他、「これが隔離なのかと疑問に思うほど、幹部が隔離者の生活スペースに頻繁に立ち入り接触している」とも主張している。食事内容についても「サバと大根の煮物はサバが入っておらず、私費でインスタント麺を買って食べた」と述べている。
このコミュニティでは18日、「51師団隷下旅団所属」と名乗る兵士が弁当の写真を公開し、「よそではどんな食事が出ているのか気になる」「携帯電話は持ち込めず、テレビもなく、食事はこんな内容だ。監獄も同然だ。休暇を取ったのが罪なのか」と書き込んでいた。
次いで20日には「12師団某部隊勇士」と名乗る兵士が白米、のり、ランチョンミート1切れという食事の写真を公開し、食事内容の問題点を詳細に伝え、不満を訴えた。その後、「同じ大隊に服務中」だとする人物が「書き込みの主が当日中に判明し、大隊内で対策会議が開かれた。翌日、全大隊員が集められ、書き込みの内容について上から事実確認が行われた」と明らかにした。なぜ食事内容に問題が生じたかを釈明されたが、「どうせ大隊内で処理することになるのに、なぜ面倒を起こすのか」「軍団、陸軍本部から監察が入れば、備えはお前たちがすることになる」などとも言われ、大隊内行事の褒賞休暇などもなくなったという。また、20日の書き込みの主には「サイバー保安規定違反」の懲戒が下される予定だという。
一方、陸軍本部側は23日、ヘラルド経済の電話取材に対し「書き込みをした兵士への懲戒は検討しておらず、携帯電話を没収した事実もない」と話したという。
この記事に、韓国のネットユーザーからは「軍人を飢えさせるなんてありえない。頭がおかしい」「またうそをついている。外部監査人を派遣してしっかり調べるべきだ」「食べるものでふざけてはいけない」「経験上、こういう時は兵士のほうが真実だ」「軍隊経験者はみんな知ってるよ。誰もあなたたちを信じない。後輩たちをいじめるな」「小中高では給食を無償化するのに、国を守る軍人に対してこれは何だ」「食事の写真とサイバー保安規定に何の関係が?。これが敵への情報提供になるのか?。むしろ豪華な食事の写真を載せて、こっちはこんなに豊かだぞと見せたらどう?」など、怒りの声が殺到している。(翻訳・編集/麻江)

関連記事(外部サイト)

×