ウィリアム・フォンとチャオ・リーインの電撃離婚に予兆あった?「無理なら無理を…」意味深投稿も

ウィリアム・フォンとチャオ・リーインの電撃離婚に予兆あった?「無理なら無理を…」意味深投稿も

23日、突然の離婚発表で世間を驚かせた俳優ウィリアム・フォンと女優チャオ・リーインだが、2人の間にはすでに前兆があったと複数のウェブメディアが報じている。

23日、突然の離婚発表で世間を驚かせた俳優ウィリアム・フォン(馮紹峰)と女優チャオ・リーイン(趙麗穎)だが、2人の間にはすでに前兆があったと複数のウェブメディアが報じている。
ウィリアム・フォンとチャオ・リーインは、映画「西遊記 女人国の戦い」やドラマ「明蘭〜才媛の春〜」など4作品で共演を重ね、チャオ・リーインの誕生日に当たる2018年10月16日に結婚を発表。19年元旦に妊娠を公表し、同3月8日に長男が誕生していた。
離婚を発表した23日、2人は声明文を通じて、「多忙な仕事が理由で会う機会が少なく、友人関係に戻ることにした」と円満な離婚を説明している。
チャオ・リーインは今年1月、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、「無理なら無理をしなくていい」と意味深な言葉を発していた。同じ時期、「トップクラスの女優」が離婚危機だとウェイボーでうわさが流れたが、離婚危機がささやかれ続けているアンジェラベイビー(楊穎)と並び、チャオ・リーインの名も挙がっていた。複数のウェブメディアではこれらを一例に、その他さまざまな角度から見て離婚の予兆があったことを報じている。
離婚の公表後、チャオ・リーインのウェイボーからはウィリアム・フォンの関する投稿が消え、「馮紹峰」の名前でワード検索してもヒット数はゼロとなり、完全に削除されている。一方、ウィリアム・フォンのウェイボーではチャオ・リーインに関する投稿が一部残っており、2人の離婚は女性主導で進んだのではないかともみられている。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)

×