韓国の求人広告に「フェミニストではない方」、女性差別と批判殺到=韓国ネットは採用者に同情

韓国のコンビニ求人広告に女性差別と批判殺到 店長や企業側を擁護する声も

記事まとめ

  • ソウル市内のコンビニエンスストア店主が求人サイトにアルバイトの募集広告を投稿した
  • 応募条件の内容をめぐり、事実上女性を排除しているとして批判を浴びた
  • 「他人の目を気にしながら採用する必要はない」などと、店長や企業側を擁護する声も

韓国の求人広告に「フェミニストではない方」、女性差別と批判殺到=韓国ネットは採用者に同情

韓国の求人広告に「フェミニストではない方」、女性差別と批判殺到=韓国ネットは採用者に同情

韓国において、フェミニストを「排除」または「歓迎」する求人広告が登場し、物議を醸している。資料写真。

韓国でフェミニストを「排除」または「歓迎」する求人広告が登場し、物議を醸している。27日、韓国・聯合ニュースが伝えた。
記事によると最近、ソウル市内のコンビニエンスストア店主が求人サイトにアルバイトの募集広告を投稿。応募条件に「フェミニストではない方」を挙げたことに加え、「消極的で、すぐに『どうしよう』と言う方」や「祝日や家庭の用事でよく休む方」は応募しないでほしいと記載したため、事実上女性を排除しているとして批判を浴びたという。
当該店舗を管轄する「GSリテール」側は、「店主の行為は間違っていた」とし、「加盟店のため懲戒処分は難しいが、今後同様の問題が起きないよう加盟店への教育を徹底する」とコメントした。店主本人も「荷物をたくさん運べる、体力のある人を採用したかった」といい、自身の非を認めているという。
一方、女性服ブランドのFUSE SEOUL(ヒューズソウル)は、マーケティング職の求人広告に「女性優遇・フェミニスト大歓迎」という文言を記載して波紋を呼んだ。FUSE SEOUL側は「『フェミニストを歓迎する』という文言は『男女平等を追求する』という言葉と同義のため問題はない」としており、「差別として反発する人たちは、フェミニストの意味を分かっていないと思う」と主張しているという。
これらの事案に対し、韓国女性弁護士会のチャン・ユンミ公報理事は27日、「性別・外見・身長・婚姻の有無などを採用基準にした場合は処罰の対象になるが、フェミニズムのようにあいまいな概念を基準にした場合は処罰が難しいと思われる。行政機関が監督を強化すべき」と発言した。
「職場パワハラ119」のキム・ウンヘ労務士も、「男女雇用平等法は募集の段階で男女を差別することを禁じている。『フェミニスト』が女性を意味するとは断定できないため処罰は難しく思われるが、採用対象を特定の条件の人々に限定することは問題となり得る」と述べているという。
韓国のネットユーザーからは、「きっとこのコンビニの店長はフェミニストのアルバイトを雇って苦労したんだ。最初から排除するわけない」「どんなに有能でも、そういう思想の人だと一緒に働きづらい。その程度は採用者が決めてもいいのでは?」「他人の目を気にしながら採用する必要はない。おかしな社会になったものだ」「表現が露骨なのは事実だけど、店主の気持ちは十分に理解できる」「採用したい人を選び、そうでない人を選ばなければいいだけ。必ずしも平等にする必要が?」など、店長や企業側を擁護する声が多く寄せられている。
また、「フェミニズムはただの女性学だ。男性に対する理解や配慮は1ミリもないのに、男女平等という言葉で美化してる」「韓国にフェミニストはいない。ただ男性嫌いなだけ」など、「フェミニズム」「フェミニスト」という言葉に反発するコメントも見られた。(翻訳・編集/丸山)

関連記事(外部サイト)

×