韓国空軍のKF-16戦闘機が米空軍のマークをつけて飛行、一体なぜ?

韓国空軍のKF-16戦闘機が米空軍のマークをつけて飛行、一体なぜ?

27日、韓国・ソウル新聞は、韓国空軍のKF-16戦闘機が、米空軍のマークをつけて飛行する姿が捉えられたとし、その理由について伝えた。写真はKF-16戦闘機。

2021年4月27日、韓国・ソウル新聞は、韓国空軍のKF-16戦闘機が米空軍のマークをつけて飛行する姿が捉えられたとし、その理由について報じた。
今年2月26日、米エドワーズ空軍基地のホームページに掲載された写真の中に、米空軍のマークをつけて砂漠を飛行するKF-16戦闘機が写っていた。記事によると、このKF-16は性能改良のために米国へ送られたものだったという。
記事は「米空軍第412飛行試験大隊に派遣された機体は、韓国空軍ではKF-16で使用しないGBU-39 SDB(Small Diameter Bomb)スマート爆弾を装着して投下する実験を行った」と説明。GBU-39 SDBは13年から韓国空軍に配備された中距離GPS誘導爆弾で、最大110キロ離れた目標物に正確な打撃を与えることができる。これまではF-15K戦闘機にのみ装着されてきたが、米国に派遣された機体がGBU-39 SDBの投下実験を行ったことから、性能改良によりKF-16戦闘機にも装着が可能になったとみられるという。
KF-16戦闘機は韓国空軍の主力戦闘機として140機が配備されており、このうち7機が事故で失われた。現在運用中の133機は、約1兆3000億ウォン(約1266億円)以上の予算を投じて既存のレーダーや各種航空電子装備を最新型に交換する計画で、記事は「北朝鮮だけでなく周辺国の戦闘機と同等またはそれ以上の性能を発揮する見込みだ」と伝えている。
これを受け、韓国のネット上では「韓国では性能改良できないから米国でやるのか…」「預けたはいいけど、整備工場の職員が乱暴に乗り回してるなんてことはないよね?」「友好国であるにもかかわらず、革新技術はいつも移転拒否」「アップグレードに一体いくら取られたのだろう」などと嘆く声をはじめ、「米国に送る必要がないよう、国産兵器の開発が重要」「韓国も自主国防と核保有を早く実現できますように」「韓国も世界から認められる最新の国産戦闘機をちゃんと造ってみよう」など、「国産」の発展を願う声が上がっている。
中には「日本を圧倒しなければならない」「韓国は中国や北朝鮮、日本の間にあって領空が狭いから、思い切り飛べる米国に行ったのだろう」といったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)

関連記事(外部サイト)

×