韓国の「ゴースト整形」の実態、20年で200人以上の命を奪う―中国メディア

韓国で『ゴースト整形』が横行し、20年間で200〜300人が死亡 訴訟での完全勝訴は困難

記事まとめ

  • 韓国で『ゴースト整形』と、手術中に死亡したクォン・デヒ氏の事件について報じられた
  • ゴースト整形は名医が執刀すると言いながら経験の少ない医師が執刀することである
  • 20年間で200〜300人が死亡しているが、訴訟での完全勝訴確率は2%にも満たないという

韓国の「ゴースト整形」の実態、20年で200人以上の命を奪う―中国メディア

韓国の「ゴースト整形」の実態、20年で200人以上の命を奪う―中国メディア

中国メディアの環球網は韓国で近年横行している「ゴースト整形」の問題を分析する記事を掲載した。資料写真。

2021年4月27日、中国メディアの環球網は「整形大国」として知られる韓国で近年横行している「ゴースト整形」の問題について、分析する記事を掲載した。
記事は最初に、「ゴースト整形」と整形手術中に死亡した「クォン・デヒ」氏の事件について紹介。2016年当時25歳のクォン・デヒ氏は、ソウル市江南(カンナム)のある整形外科で顔面輪郭形成手術を受ける途中、出血多量によりショック死した。手術記録によると、出血量は通常の約17倍にあたる3500ミリリットルに達していたが、輸血されなかったという。手術室の監視カメラを確認したところ、「明らかに危険な状態」が続く中、退勤時間になると医師たちは次々にいなくなり、クォン・デヒ氏を含む4人の患者を医師免許のない2人の看護助手が担当していたという。
手術を行ったクリニックの広告には「14年間無事故、全ての手術を最初から最後まで院長が責任を持ちます」と書かれていたが、「名医が執刀すると言いながら実際は経験の少ない医師が執刀する『ゴースト整形』が行われていた」として、同クリニックは裁判所で刑事責任を問われている。
この事件をきっかけに、19年から韓国国会で議論されている、手術室の監視カメラの設置を義務化する法案は「クォン・デヒ法」と呼ばれているという。
記事によると、2000年から19年までの20年間で整形手術により死亡した500人余りの患者のうち、200〜300人が「ゴースト整形」によるもので、手術の経験を積みたい新人医師と、多くの手術をこなして稼ぎたい大型整形外科医院の両者の思惑が一致していることが原因だという。
「ゴースト整形」の実態を告発する活動をしている大韓整形外科医師会の元法制理事のキム・ソンウン医師は、「『ゴースト整形』のケースを法廷で争っても、罰金や医師免許の停止で片付けられて、完全勝訴の確率は2%にも満たない」「韓国内で全身麻酔を行う手術室を持つ病院のうち、監視カメラを設置しているのは13%しかない。『ゴースト整形』を撲滅するために、手術室に監視カメラを設置し、患者やその家族へ手術室の映像を公開することを法律で義務化すべきだ」と述べた。
記事は最後に「監視カメラを設置しても、個人情報保護法により手術に関わる医療スタッフと患者の全員の同意がないと公開ができないため、患者や遺族が証拠となる映像を要求しても、病院側から拒否されれば監視は形骸化する」「医師を潜在的な犯罪者とみなして、人権を侵害している」などの意見も紹介した上で「クォン・デヒ氏の悲劇を繰り返さないために、手術室から『ゴースト』をどのようにして追い払うかについて、韓国社会は深く検討する必要がある」とした。(翻訳・編集/原邦之)

関連記事(外部サイト)

×