「山河令」のゴン・ジュンとファーウェイのお嬢様の共演に、ファン大ブーイング!

「山河令」のゴン・ジュンとファーウェイのお嬢様の共演に、ファン大ブーイング!

人気バラエティ番組「中餐庁」の最新作であるシーズン5に、人気俳優ゴン・ジュンと、ファーウェイCEOの娘であるアナベル・ヤオの出演が発表され、ネットで物議を醸している。

湖南衛星テレビのバラエティ番組「中餐庁」のシーズン5に、ドラマ「山河令」の主演俳優ゴン・ジュン(?俊)と、ファーウェイ(華為技術)CEOの娘でタレントのアナベル・ヤオ(姚安娜)が出演することが発表され、ネットで物議を醸している。
国民的な人気番組の「中餐庁」は、5人の芸能人が世界各地で実際に中華料理店を経営するという内容。2017年のシーズン1より毎年放送されており、今年はシーズン5となる。シーズン1から3までのロケ地はタイ、フランス、イタリアとすべて海外だったが、昨年のシーズン4に限り、新型コロナの影響により長江を航行するクルーズ船内が舞台となった。これまでの参加者は、ホアン・シャオミン(黄暁明)、スー・チー(舒淇)、ヴィッキー・チャオ(趙薇)、ヤン・ズー(楊紫)、チャオ・リーイン(趙麗穎)など、ドラマや映画でブレイクした経歴をもつ大物芸能人ばかりだ。
一方、ゴン・ジュンは2015年のデビュー以来、CMや数々のドラマ出演を重ねて地道にキャリアを積んできた苦労人であり、今年になってようやく武侠ドラマ「山河令」でブレイク。一躍人気俳優の仲間入りを果たした。彼は料理の腕のよさで知られ、四川料理を作る動画を投稿したり、グルメリポートを行ったりと、料理好きの一面をアピールしてきた。そのため彼が「中餐庁」に出演することに対して、ファンからも納得と期待の声が寄せられていた。
しかしその直後、デビューしてまだ3か月弱の「ファーウェイのお嬢様」であるアナベル・ヤオの出演が決まると、一転して反対意見が相次いだ。ネットには「料理したことあるの? お皿洗ったことあるの?」、「『中餐庁』の出演者というよりオーナーのほうがふさわしい」などのように、彼女を場違いだとする声や、「資本家のお嬢様とアルバイトの青年という設定にしたいの?」、「2人のカップリングに断固反対」など、共演を不快とする意見が殺到した。
番組の中で、ゴン・ジュンは一定の活躍が期待できるため、シーズン5が成功するかどうかの鍵は、意外にもファーウェイのお嬢様にかかっているのかもしれない。(提供/華流・anomado)

関連記事(外部サイト)

×