子どもが映画館のスクリーンを蹴り壊す、被害額は十数万元―中国

子どもが映画館のスクリーンを蹴り壊す、被害額は十数万元―中国

中国広東省東莞市にある映画館で1日、男の子がスクリーンを足で蹴るなどして壊すということがあったという。

中国広東省東莞市にある映画館で1日、男の子がスクリーンを足で蹴るなどして壊すということがあったという。
中国のニュースサイトの観察者網によると、本編が終わってエンドロールが流れているスクリーンを男の子が足で何度か蹴ったりする様子が防犯カメラに収められていた。男の子を制止したり注意したりする人はいなかったようで、男の子はその後、走って外へ出ていったという。
ネット上では、「映画館が男の子側に18万元(約300万円)の損害賠償を求めた」などとする情報が拡散したが、映画館の関係者は「デマだ」と否定。警察に通報したが、現時点で男の子は見つかっていないという。
映画館によると、破損したスクリーンは交換しなければならず、被害額は十数万元に上るという。中国では1日からメーデーの5連休が始まっていて、映画館は書き入れ時の上映スケジュールへの影響に頭を抱えていた。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)

×