ソン・ジュンギ謝罪、主演ドラマ「ヴィンチェンツォ」中国産ビビンバの間接広告入りで物議―韓国

ソン・ジュンギ謝罪、主演ドラマ「ヴィンチェンツォ」中国産ビビンバの間接広告入りで物議―韓国

韓国のテレビドラマ「ヴィンチェンツォ」に中国産ビビンバの間接広告が登場し物議を醸した問題で、主演俳優のソン・ジュンギが3日、韓国メディアのインタビューで同問題に言及し、謝罪した。

韓国のテレビドラマ「ヴィンチェンツォ」に中国産ビビンバの間接広告(PPL)が登場し物議を醸した問題で、主演俳優のソン・ジュンギは3日、韓国メディアのインタビューで同問題に言及し、「物議を醸したのは事実であり、不満を感じた方々が確かにいらっしゃる。主演俳優として申し訳ないと思う」と謝罪した。
報道によると、3月14日夜に放送された「ヴィンチェンツォ」第8話で、チョン・ヨビン演じるホン・チャヨンが、ソン・ジュンギ演じるヴィンチェンツォ・カサノに中国メーカーの加熱式ビビンバを手渡して「面白いものを見る時は、おいしいものを食べなきゃ」と語りかける場面があった。韓国で正式発売されていない商品だったため、その不自然さに韓国の視聴者から疑問の声が上がった。
この加熱式ビビンバは、中国のインスタント食品ブランド「自?鍋(Zihaiguo)」のもので、劇中で同ブランドの商品を4回映すことを条件に3〜4億ウォン(約2900万〜3900万円)のPPL契約を結んでいたという。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)

×