中国人留学生を犬扱い?米国大使館の投稿が炎上―中国メディア

中国人留学生を犬扱い?米国大使館の投稿が炎上―中国メディア

中国にある米国大使館ビザ課のウェイボー公式アカウントが5日、炎上した。

中国にある米国大使館ビザ課の微博(ウェイボー)公式アカウントが5日、炎上した。
中国のニュースサイトの観察者網によると、同アカウントは、犬が犬用サークルから身を乗り出す映像に、「花の咲き誇る暖かい春になり、あなたもこの犬のように、外に出て遊ぶのを待ちきれないですよね。在中国米国大使館の学生ビザ申請サービスが段階的に再開されました」とのコメントを添えて投稿した。
これに「中国人留学生を犬扱いしている」などと批判が相次ぎ、投稿はその後削除された。
ウェイボー上では、米国大使館の投稿について、「文化の違い」によるもので中国人への侮蔑を意図したものではないとする意見もある一方で、「非常に不適切。中国で投稿するからには、中国の文化を考慮すべき」と反発する声も上がっていたという。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)

×