マクドナルド店員がモップで椅子ふく!?撮影者「不快だ」と訴えるもネット民は擁護―中国

マクドナルド店員がモップで椅子ふく!?撮影者「不快だ」と訴えるもネット民は擁護―中国

中国上海市のマクドナルドで5日、店員がモップのようなもので椅子の座面を掃除している様子が利用客によって撮影された。

中国上海市のマクドナルドで5日、店員がモップのようなもので椅子の座面を掃除している様子が利用客によって撮影された。中国メディアの頭条新聞が伝えた。
撮影された映像には、制服を着た店員がテーブル席の椅子の座面や背もたれを柄の長い道具で掃除する様子が映っている。撮影した人は「(床などを掃除する)モップで椅子を掃除するのは不快だ」などとしている。
映像について、取材に応じた同店の店員は「店長がすでに問題を処理しました。彼女(掃除をした店員)が使っていたのはモップではなく窓ガラスを拭くためのローラーです」と説明。「この行為は規定に従ったものなのですか?」との質問には「それについては答えられません。店長が後で回答します」と話した。
中国のネットユーザーからは「もし本当に窓ガラスを拭くためのものだったとしても、それで問題ないというのか?」と疑問を呈する声も出ているが少数で、多くは「こんなに堂々と清掃してるんだから、専用の道具を使ってるはず」「このローラーでは床を拭いていないことは明らか。そうでなければあんなにきれいなはずはない」「地面を掃除するものでなければ、問題ないでしょ」「何か問題ある?私もいつもこうやって掃除してるけど」「少なくともマクドナルドの清潔さは飲食業界では随一だと思う」など、店員を擁護する声だった。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)

×