【CRI時評】中国との経済活動一時停止の豪州、挑発を続けるか

【CRI時評】中国との経済活動一時停止の豪州、挑発を続けるか

「オーストラリアはすでにその好戦的な姿勢のために経済的に高い代価を払っている。」米国記者ブラッドリー・ブランケンシップ氏が6日に「ロシア・トゥデイ」のウェブサイトに発表した記事でこう分析した。

「オーストラリアはすでにその好戦的な姿勢のために経済的に高い代価を払っている。」米国記者ブラッドリー・ブランケンシップ氏が6日に「ロシア・トゥデイ」のウェブサイトに発表した記事でこう分析した。記事は、中国はすでに中豪戦略経済対話メカニズムの下でのすべての活動を無期限停止すると発表した、と述べた。オーストラリアのエリートが中国を挑発することに熱を上げていることは、同国にとって危険なことだ。
ブランケンシップ氏が記事の中で分析したように、オーストラリアの一部政治屋、軍上層部、メディア記者は最近狂気じみた論調で、中豪関係の緊張情勢と中豪軍事衝突の可能性を騒ぎ立てている。特にオーストラリア側はいわゆる「国の安全保障」を理由に、中豪両国の経済貿易、人的交流などの分野の協力プロジェクトと既存の成果を制限・抑圧し、両国の相互信頼を著しく損ない、正常な交流・協力の基盤を破壊した。
長年にわたり、オーストラリアの対中輸出は非常に多く、同国の貿易黒字の98%は対中貿易によるものだ。農産物、石炭から鉄鉱石まで、オーストラリアの多くの商品はいずれも中国を最も重要な市場としている。だが2018年以降、米国が中国に圧力をかけ、封じ込める戦略が全面的にエスカレートするなかで、オーストラリアの一部政治屋は政治的日和見思考を抱き、経済面での中国依存と安全面での米国依存のバランスを打ち破り、徹底的に米国の側に傾いて同国の反中国の手先に甘んじ、中豪関係の持続的悪化を招いた。
頭の中が冷戦思考でいっぱいのオーストラリア政治屋は、中国が自国の主権・安全・発展の利益を損なう苦い結果を飲み込むことは決してなく、中国から経済的利益をむさぼりながら、狂気じみた反中国の政治的策謀をめぐらすことは決して許されないことをはっきり認識しなければならない。彼らが取りうる唯一の選択肢は中豪関係を害する悪質な行為をやめ、二国間関係を好転させるための条件をつくり出すことだ。(CRI論説員)

関連記事(外部サイト)

×