防犯カメラに銀行の門扉を担いで歩く中年女性の姿、「廃棄物だと思って売るつもりだった」―中国

防犯カメラに銀行の門扉を担いで歩く中年女性の姿、「廃棄物だと思って売るつもりだった」―中国

中国安徽省?州市来安県大英でこのほど、銀行から「修理をするために壁に立て掛けていた門扉が何者かに盗まれた」との通報が警察に寄せられた。

中国安徽省?州市来安県大英でこのほど、銀行から「修理をするために壁に立て掛けていた門扉が何者かに盗まれた」との通報が警察に寄せられた。
来安県公安局の公式ウェイボーによると、防犯カメラに門扉を担いで歩く中年女性の姿が映っていることが分かり、警官が近くに住む中年女性の自宅で門扉を見つけた。中年女性は「壁に立て掛けられていてそのままになっていたので、廃棄物だと思って売るつもりだった」と話しているという。
これについて、ウェイボーユーザーからは、「こんな重そうなものを担いで歩くなんて。違う意味で感心」「仮に本当に廃棄物だったとしても他人のもの。勝手に売っていい理由にはならない」「銀行にしてみれば、故障したのがATMじゃなくてよかったね」「置きっぱなしにする銀行の対応も相当ひどいな」などの感想が寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)

×