行方不明になって4日、中国籍の通訳の女性が遺体で発見―エクアドル

行方不明になって4日、中国籍の通訳の女性が遺体で発見―エクアドル

南米のエクアドルで行方不明になっていた中国人女性が遺体で発見された。

南米のエクアドルで行方不明になっていた中国人女性が遺体で発見された。中国メディアの海外網が9日付で伝えた。
報道によると、現地の消防当局は7日午後、行方不明になっていた中国籍のルオ・ヤオユー(Luo Yaoyu)さんの遺体をトゥンダイメ地区の茂みの中で発見した。5日には付近からルオさんのハンドバッグ、身分証明書、鍵、靴などが発見されていた。
当局によると、遺体に暴行された形跡はないといい、詳しい死因を特定するため司法解剖を行う。
22歳のルオさんは昨年11月から現地企業で通訳として働いており、遺体発見現場は普段通勤のために通っていた道の近くだという。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)

×