「陳情令」のシャオ・ジャンらが会食、ワン・イーボー不在が物議―中国

「陳情令」のシャオ・ジャンらが会食、ワン・イーボー不在が物議―中国

シャオ・ジャンが「陳情令」チームと会食したとのワードがトレンドランキングで1位になったが、主人公の1人を演じたワン・イーボーが不在だったことが物議を醸している。資料写真。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で9日、人気俳優のシャオ・ジャン(肖戦)が大ヒットを飛ばしたブロマンス・ファンタジー時代劇ドラマ「陳情令」のチームと会食したとのワードがトレンドランキングで1位になったが、主人公の1人を演じたワン・イーボー(王一博)が不在だったことが物議を醸している。
2019年放送のこのウェブドラマはシャオ・ジャンとワン・イーボーがダブル主演した作品で、中国のみならずアジア中で旋風を巻き起こした。そしてエンターテインメント界専門の中国のリサーチ会社DataWinが発表した20年の芸能人ネット影響力ランキングではシャオ・ジャンが1位、ワン・イーボーが2位に立っている。
そのワン・イーボーの姿が「『陳情令』の陳家霖監督とシャオ・ジャン、ワン・ジュオチョン(汪卓成)、モン・ズーイー(孟子義)ら出演者との会食の場になかった」ことが注目され、あるエンタメ系のブロガーは「ワン・イーボーは呼ばれなかったのか、それとも行きたくなかったのか」と投稿。この他、「ワン・イーボーが参加すればフォーカスされるのは主演の2人だけで他の出演者には自動的に注意が払われなくなる」という見方があることを紹介するアカウントもあり、ワン・イーボー不在をめぐって中国のネットユーザーからも「きっと参加したかったと思う。次回の会食に期待している」という意見や「ワン・イーボーは当時、別の場所にいた」という指摘などさまざまな声が寄せられている。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)

×