牛乳廃棄にストーカー…ファンの異常行動に当局が「NO」=人気タレント200人のファンクラブも支持

牛乳廃棄にストーカー…ファンの異常行動に当局が「NO」=人気タレント200人のファンクラブも支持

北京市広播電視局などが発表したファンの行動やネットでの表現に対する規制について、200人を超える人気タレントのファンクラブが方針を支持することを表明している。

北京市広播電視局などが発表したファンの行動やネットでの表現に対する規制について、200人を超える人気タレントのファンクラブが方針を支持することを表明している。
国家インターネット情報弁公室(国家網信?)は8日、SNSやニュースサイトの健全な発展について八つの要求を盛り込んだ「清朗」行動の内容を発表。続いて北京市広播電視局は、タレントのファンに理性に基づく応援を要求し、オーディション番組で視聴者に商品の購入をあおって人気投票に参加させるなどの形式を禁止する規制を盛り込んだ「バラエティー番組の管理強化」の通知を明らかにし、同じくネットやエンタメの健全な発展を求めている。
続けて公表された政府機関の規制に対し、200人を超えるタレントの公式・非公式ファンクラブが、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)などを通じて支持を表明。女優のヤン・ミー(楊冪)やアンジェラベイビー(楊穎)、チャオ・リーイン(趙麗穎)、俳優のワン・イーボー(王一博)やリー・シエン(李現)、ゴン・ジュン(?俊)、チェン・シャオ(陳暁)、歌手のワン・リーホン(王力宏)や人気ユニットのTFBOYSなどが名を連ねている。
このように相次いで規制が公表されたのは、このところタレントのファンの行き過ぎた行動が続いたのが原因と思われる。人気オーディション番組「青春有?3」では今月、ファンが出演者に投票するための2次元コードがついた商品を競って購入し、牛乳などの対象商品が大量廃棄されたことが話題に。北京市広播電視局の指導によって、番組は制作および配信中止に追い込まれた。
また、人気アイドルグループの時代少年団(TNT)の宿舎など私的な場所へ立ち入り、迷惑行為を繰り返したストーカーまがいの複数のファンをグループの所属事務所が公安局に通報し、連行されるといった騒ぎも起こっている。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)

×