車椅子の男が道ふさぐ、要求は金ではなく…―中国

車椅子の男が道ふさぐ、要求は金ではなく…―中国

11日、中国メディアの頭条新聞によると、河南省で車椅子に乗った男性が車道に飛び出して自動車の進路を遮り、金銭以外の「あるもの」を要求する事例が多発している。

2021年5月11日、中国メディアの頭条新聞によると、河南省で車椅子に乗った男性が車道に飛び出して自動車の進路を遮り、金銭以外の「あるもの」を要求する事例が多発している。
記事によると、河南省新郷市で10日、車椅子に乗った男性が車道の真ん中にとどまり、往来する自動車の通行を妨げていた。男性は金銭ではなくたばこを要求し、行く手を阻まれたドライバーがたばこを渡すと、車椅子を動かして車に道を譲った。
たばこを渡したドライバーの車載カメラにはその一部始終が映っていた。車椅子はまず10メートルほど先で対向車の前に出ようとしたが、対向車は停車せずはじかれた。すると今度は向きを変えてドライバーの車にやってきた。そして、車から降りたドライバーからたばこを差し出されると、男性は何やらうれしそうにたばこをくわえ、車イスを足で蹴ってその場を退いた。
ドライバー曰く「いつも彼に出くわすが、お金を要求されることはない。たばこを1本あげれば通してくれる」とのことである。
この光景について、中国のネットユーザーは「いろんな人間がいるんだなって、つくづく思う」「この男が車椅子に乗っている理由が分かった気がする。もちろん、車椅子に乗ってても危ないけど」「寂しくて、誰かに構ってほしいのかも」「いつか車椅子ではないものに載せられることになるぞ。担架とかな」「止まってたばこをくれる車のナンバーを覚えてそうだな」といった感想を残している。
また「いつも出くわすって……誰も何も言わないのか」「警察にしょっぴいてもらうべき」「交通警察は何をしているのか」など、秩序を守るために警察が取り締まりを行うべきだとの考えを示すユーザーが多く見られた。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)

×