韓国陸軍の新たな軍歌が「英語が多すぎる」と物議、ハングル団体は陸軍総長を告訴する意向

韓国陸軍の新たな軍歌「陸軍、We軍」が「英語が多すぎる」と物議 陸軍総長を告訴へ

記事まとめ

  • 韓国の陸軍が4月に公開した軍歌「陸軍、We軍」が、英語が多すぎると物議を醸している
  • 「ウォーリアー プラットフォーム 最強の戦士 AIドローンボット」など英語が羅列
  • ハングル関連団体は「国語基本法に反する」として、陸軍参謀総長を告訴する意向

韓国陸軍の新たな軍歌が「英語が多すぎる」と物議、ハングル団体は陸軍総長を告訴する意向

韓国陸軍の新たな軍歌が「英語が多すぎる」と物議、ハングル団体は陸軍総長を告訴する意向

韓国の陸軍が4月に公開した新たな軍歌が、「英語が多すぎる」として物議を醸している。写真は韓国の軍人。(韓国国防部のFacebookより)

韓国の陸軍が4月に公開した新たな軍歌が、「英語が多すぎる」として物議を醸している。11日、韓国メディア・JTBCが伝えた。
報道によると、問題となった軍歌は「陸軍、We軍」で、曲名の後ろには「中毒性に注意」という言葉が括弧付きで付け加えられている。曲名にも英語が含まれているが、歌詞の27%が英語で構成されているという。
前奏は一般的な軍歌と変わらないものの、途中から韓国の伝統音楽のリズムに合わせて意味不明の英語が登場するといい、報道では「陸軍 アーミータイガー 陸軍 陸軍 陸軍Go Warrior Go Victory 陸軍 陸軍 陸軍」「ウォーリアー プラットフォーム 最強の戦士 AIドローンボット(※ドローンとロボットを組み合わせた造語) 戦友と共に」という歌詞が紹介された。
陸軍は「アーミータイガー」という言葉に陸軍のビジョンを反映させたとしているが、軍人のほとんどはこの軍歌に当惑しているとのこと。60以上あるハングル関連団体も、「国語基本法に反する」として南泳臣(ナム・ヨンシン)陸軍参謀総長を告訴する意向だという。
これに対し韓国陸軍は、「歌詞のうち外国語の部分をハングルで表記しているため国語基本法には反していない」と反論。しかし軍歌と同日に発表した標語にも不必要に英語が使用されているという指摘を受け、「内部で検討の上、韓国語に変更する」と述べているという。
この報道を見た韓国のネットユーザーからは、「軍歌は軍歌らしくないと。基本的なことくらい守ってほしい」「こんな曲を作るなんてふざけてるのか?」「小学生のラッパーでももっといい曲を作れる」「この曲を作るのにいくらかかったんだ?」「この曲を作る金があるなら、軍人にもっといい食事をさせてあげてほしい」「英語を使ってもいいけど歌詞がおかしい。ロボットアニメの主題歌みたい」「今ある軍歌を歌い続ければいい。名曲がたくさんあるのに新たに作る必要が?」など、不満の声が相次いでいる。(翻訳・編集/丸山)

関連記事(外部サイト)

×