イケメンすぎてオーディション番組に参加させられたロシア人、やる気のなさで人気に―中国

イケメンすぎてオーディション番組に参加させられたロシア人、やる気のなさで人気に―中国

中国紙・環球時報は7日、中国のオーディション番組に「参加させられた」ロシア人男性について伝える英BBCの記事を紹介した。

中国紙・環球時報は7日、中国のオーディション番組に「参加させられた」ロシア人男性について伝える英BBCの記事を紹介した。
同紙によると、BBCが紹介したのは中国の動画配信サービス・騰訊視頻のオーディション番組「創造営2021」に登場した利路修(LELUSH)さん。やる気のなさでも話題を呼んだ練習生で、記事は「オーディション番組での落選は祝うに値しないかもしれないが本人にとっては最も理想的なこと」ととし、「もともと通訳のつもりだったが、中国語が流暢でイケメンな利路修さんは制作側の注意を引いて番組参加を要請された」「インタビューには『踊りたくない。自分はボーイズグループに向いていない。疲れた。今月、家に帰りたい』と発言。一番だめな選手になろうと決めたが観客は冷たく無表情な回答という本人の『消極的な表現』を全て受け入れ、ファンは応援し続けた」などと伝えた。
記事はまた、「疲れた」「休みたい」など利路修さんの番組内での発言がネットで拡散したことを紹介し、「利路修さんが番組で見せた仕事をせざるを得ないという落胆感は、(中国の)多くの若者の過酷な労働に対する挫折感を映し出している」との見方があることに言及。最終的に「落選」という願いが叶えられたことも伝えたという。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)

×