【画像】台湾、新型コロナの「市中感染」で対策強化、中華航空は操縦士ら順次14日間隔離

台湾、新型コロナの「市中感染」で対策強化、中華航空は操縦士ら順次14日間隔離

台湾が新型コロナの感染防止対策を強化した。海外渡航歴のない感染が確認され、市中感染と判断したためだ。操縦士らの感染が相次いだ中華航空は乗務員を順次、14日間隔離する。中華航空

この写真の記事を読む

×