5月20日「愛してるの日」は離婚業務停止、婚姻登記処の告知が物議―中国・凱里市

5月20日「愛してるの日」は離婚業務停止、婚姻登記処の告知が物議―中国・凱里市

中国南西部の貴州省・凱里市の婚姻登記処がこのほど、「5月20日当日は離婚業務を停止する」と告知し物議を醸しているという。写真は中国の「離婚証」。

中国のニュースサイトの観察者網が16日付で伝えたところによると、中国南西部の貴州省・凱里市の婚姻登記処がこのほど、「5月20日当日は離婚業務を停止する」と告知し物議を醸しているという。

中国では、「520」の発音が「我愛?(愛してる)」に似ていることから、5月20日は若者らが愛を伝える日として定着している。

記事によると、凱里市の婚姻登記処は、「婚姻当事者が5月20日当日に結婚証を確実に受け取れるようにするため」として、業務時間の変更と離婚業務の停止を告知した。

それに対し、SNS上では「なぜ結婚を離婚より上位扱いするのか」と疑問を示す声がある一方で、「5月20日は婚姻手続きが殺到し業務量が激増する。ピークシフトとして離婚業務を停止するのも理解できる」との声も上がっているという。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)

×