福島原発処理水に不安広がる韓国、日本産活魚の輸入はここ12年で最大に=ネット怒り「裏では規制緩和…」

福島原発処理水に不安広がる韓国、日本産活魚の輸入はここ12年で最大に=ネット怒り「裏では規制緩和…」

17日、韓国・ソウル経済は「東京電力福島第一原発の処理水の海洋放出決定に対する不安が拡大する中、韓国の日本産活魚の輸入がここ12年で最大になった」と伝えた。写真はソウルの市場。

2021年5月17日、韓国・ソウル経済は「東京電力福島第一原発の処理水の海洋放出決定に対する不安が拡大する中、韓国の日本産活魚の輸入がここ12年で最大になった」と伝えた。

記事によると、韓国関税庁の輸入統計を分析した結果、昨年の活魚輸入量は6793トンで2008年の6835トン以降最大を記録した。18年は4992トン、19年は5337トンと毎年増加傾向にあり、業界関係者は「日本産活魚の輸入は、11年の福島原発事故により減少したが、18年を基点に徐々に増加傾向にある」と説明したという。

韓国漁業界は、この原因について「韓国政府が日本産水産物に対する検疫を緩和したため」と指摘している。ある魚類養殖協会関係者は「これまで韓国政府は日本産水産物に対して100%検疫検査をしてきたが、18年から輸入量の一部のみ行っている」とし、さらに「東京五輪の(観客受け入れ)見送りの影響を受けて、ダンピング式に日本産水産物が必要以上に輸入されている」と説明したという。

記事は「実際に韓国政府はこれまでの精密検査で不合格がなかったことを理由に18年から日本からの輸入物量の4%に対してのみ精密検査を実施するなど、検疫を大幅に緩和した。これにより従来5日間要した輸入手続きが、今は最短で1日に短縮された」と伝えている。

これを受け、韓国のネット上では「もう刺身は食べられない」「釜山には日本産活魚が出回ってる。食べ物でふざけるのはやめてほしい」という不安や、「安いからって大量に輸入する業者が一番問題」「そもそもなんで日本産水産物を輸入するの?」「原産国の表記を徹底して!」という怒りをぶつけるコメントが寄せられている。

他にも「表では原発処理水の放出に反対、裏では輸入規制緩和。国民をだますのがそんなに面白い?」「反日反米勢力が多いのに、日本産活魚の輸入が最大?」「政府は日本を敵対視するふりをして世論を扇動。表と裏の言動が正反対。国民など眼中にないのだろう」「BSE問題の時には米国産牛肉の輸入をあれだけ防いだ。日本産活魚も命懸けで防ぐべき」など韓国政府への厳しい声が上がっている。(翻訳・編集/松村)

関連記事(外部サイト)

×