旭日旗を使用したら懲役10年!?韓国議員が発議した「歴史歪曲防止法」にネットで賛否の声

韓国で「旭日旗を使用で懲役10年」などの内容を含む「歴史歪曲防止法」が発議され賛否

記事まとめ

  • 韓国与党「共に民主党」の国会議員が、「歴史歪曲防止法制定案」を発議した
  • 歴史歪曲行為および日本帝国主義を称賛する行為を防止する内容が骨子になっている
  • 「旭日旗を使用したら最大で懲役10年」などの内容にネットでは賛否の声があがっている

旭日旗を使用したら懲役10年!?韓国議員が発議した「歴史歪曲防止法」にネットで賛否の声

旭日旗を使用したら懲役10年!?韓国議員が発議した「歴史歪曲防止法」にネットで賛否の声

14日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の国会議員が「旭日旗を使用したら最大で懲役10年」などの内容を含む「歴史歪曲(わいきょく)防止法」を発議した。写真は旭日旗。

2021年5月14日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の国会議員が「旭日旗を使用したら最大で懲役10年」などの内容を含む「歴史歪曲(わいきょく)防止法」を発議した。

記事によると、韓国与党「共に民主党」の金容民(キム・ヨンミン)議員が、三・一運動(1919年3月1日、日本統治時代の朝鮮で発生した独立運動)精神を歪曲したり日本帝国主義を称賛した場合、最大10年以下の懲役刑や2億ウォン(約1920万円)以下の罰金刑を下すことができるという「歴史歪曲防止法制定案」を発議した。制定案は、憲法に明示された「三・一運動」と「四・一九民主理念(1960年4月、当時の李承晩大統領を辞任に追い込んだ民主化運動)」を継承し、歴史歪曲行為および日本帝国主義を称賛する行為を防止する内容が骨子になっており、これを象徴する旭日旗や造形物の使用も禁止するという。

発議の理由について、金議員は「抗日独立運動という崇高な価値を偽りで毀損(きそん)して侮辱する行為などが頻繁に発生し、国民の憤りが高まっている」と説明したという。

これを受け、韓国のネット上では「歴史歪曲防止法、積極的に支持する」「国会議員にはこういう仕事をしてもらいたい」「これは必要。法的に禁止すれば海外でも韓国の事例を見て『使用してはいけない』という先例に従うから」と賛同する声が上がっている。

一方で「旭日旗を使用するのは日本人であって、韓国人じゃない。そんなことに税金を無駄遣いするのはやめて」「英米もしてないことをするということは、国のレベルに合った法と大統領が存在するという意味に解釈できる」「いくら日本が嫌いでも、旭日旗を使用したくらいで懲役10年はやり過ぎだ」と反対する声も。

また「それなら北朝鮮も処罰対象じゃない?」「北朝鮮の国旗を使用しても懲役10年にすべき」と求める声も上がり、一部では「韓国はもう自由国家ではなく、北朝鮮化を進めているようだ」と懸念する声も上がっている。(翻訳・編集/松村)

関連記事(外部サイト)

×