第二の「太子妃 狂想曲」となるか、低予算の時代劇ドラマ「御賜小?作」が人気急上昇

第二の「太子妃 狂想曲」となるか、低予算の時代劇ドラマ「御賜小?作」が人気急上昇

低予算の中国時代劇ドラマ「御賜小?作」が配信開始後に視聴回数ランキングをぐんぐんと伸ばし、第二の「太子妃 狂想曲<ラプソディ>」になるか、と注目されている。

低予算の中国時代劇ドラマ「御賜小?作」が配信開始後に視聴回数ランキングをぐんぐんと伸ばし、第二の「太子妃 狂想曲<ラプソディ>」になるか、と注目されている。

全36話の「御賜小?作」は同名小説を映像化した作品。唐朝の長安を舞台に、「?作」(検視官)を目指す少女・楚楚と、捜査のカリスマである貴公子・安郡王が手を取り合って事件を解決しつつ、18年前の大事件に挑むストーリーだ。

4月29日に動画サービス・騰訊視頻(テンセント)で配信を開始した同作は、出演者に知名度の高い人気スターは不在で、配信前の宣伝活動もほとんど行われず、初日の視聴回数ランキングは29位だった。しかしその後、よく練られたストーリーが非常に面白いと口コミが広まり、5月8日には10位に浮上。18日にはトップ3に入り、再生回数も3億回を突破している。

また、ドラマ・映画情報サイト最大手の豆瓣(Douban)では19日現在、視聴者の評価が10点満点のうち8.4点を獲得。騰訊視頻では満点に近い9.3点と、いずれも高い数字を示している。

同じ騰訊視頻で配信中のドラマで、3000着の衣装を用意し、女優リー・イートン(李一桐)と俳優シュー・カイ(許凱)を起用した「驪歌行」は豆瓣で5.9点と低迷している。そんな中、低予算でスター不在の「御賜小?作」は、同じく低予算ながらも2015年に大ヒットし、アラン・ユー(于朦朧)ら人気俳優を生んだ「太子妃 狂想曲<ラプソディ>」の再現になるかと注目されている。

なお「御賜小?作」では、15歳の時にドラマオーディションで2000人の中から選ばれ、これまで「大宋少年志〜secret mission〜」などに出演してきた22歳の女優スー・シャオトン(蘇暁[丹彡])、「九州・天空城2」などに出演する25歳の俳優ワン・ズーチー(王子奇)が主演している。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)

×